骨盤臓器脱(性器脱)
第1章 性器脱と骨盤底
第2章 いろいろな骨盤臓器脱(性器脱)
第3章 膀胱瘤(膀胱脱)
第4章 直腸瘤(直腸脱)
第5章 子宮摘出後の膣全脱
第6章 骨盤底筋体操

第7章 80歳以上の骨盤臓器脱の手術

第8章 より強力な膀胱の持ち上げ
GYNECARE PROLIFT+M™ Pelvic Floor Repair System
第9章 術後にメッシュ露出が改善
Uphold™ Vaginal Support System
第10章 骨盤臓器脱の応用:『膀胱膣ろうへの挑戦』(別ページ)
第11章 骨盤臓器脱と過活動膀胱 (別ページ)
第12章 骨盤臓器脱の冷えは、漢方で治そう!(別ページ)
第13章 75歳以上で沢山のリスクをもった人もなおった

第14章 TVM手術のやりすぎは、ご注意を!


第14章 TVM手術のやりすぎは、ご注意を!

TVM手術は万能ではないのです。
一人の体に2回も3回もTVM手術というのは、問題があります。
ある88歳のCTをお見せします。


この患者さんは、2年前にある病院でTVM手術をしました。そして、すぐに再発したとして、また、TVM手術をしました。どうしても、調子がわるく、かつ、腹痛がするので、僕のところに会いにきてくれました。

このCTをどのようにみるかといいますと


という具合に、子宮に膿がたまっているのがわかります。
これは、たび重なるTVM手術のために、子宮の炎症で生じた膿が、でる場所をうしなったすがたです。


第一ポイント  人工メッシュの歴史ははじまったばかり。何十年ももつかどうかまだ、確証はない

人工メッシュは、最近認可されたばかりのものです。しかも、多くの施設でTVM手術として使用しているのは、白人のサイズのものです。
僕は、アメリカで白人の骨盤と女性器をたくさんみてきました。
日本では、日本人をみてきました。
だからこそわかるのですが、日本人にメッシュを白人サイズのものをいれると、メッシュのだまができます。そして、それは感染元になるし、この人のように、子宮の膿がでてきる場所をうしないます。



(人工メッツシュの挿入されえている部分を黄色にしました)

彼女の場合は、よくよく診察をしたところ、子宮にドレーンという膿をだす管をいれることに成功しました。そして、毎日洗浄しつつ、元気になるように、漢方と乳酸菌とビタミン剤を処方して経過をみています。体力をつけたところで、ダマのようになったメッシュの摘出をおこないました。


第二ポイント  体力を十分につけてから手術にいどむべきである

このような子宮がうんでしまうようなトラブルをさけるためにも、体力を十分につけてから手術にいどんでほしいです。

まず、漢方で体力をつけるものは、

t村ツムラ41番あたりや、ヨーグルトをたべることなどです。


第三ポイント  陰部のケアを十分にしよう

陰部のケアが十分できないので、
排泄ケアを十分に理解すべきでしょう。TVM2回をして、炎症を起こしている場合は、陰部の洗浄がとても重要です。また、このような人は、すでに抗菌剤を沢山のんでいる場合がおおいです。もうこれ以上の抗菌剤は体によくありません。そこで、僕がよく使うのは、新茶であらうことです。


このように贅沢に新茶を用意します。もちろん、保険ではありませんので、もちろん医師である僕のポケットマネーで準備をするのが常識とおもいます。これで手術が成功するならやすいものです。


できたら娘さんにも洗浄をするところを、みていただきます。そして、清潔にすることをおぼえていただきます。写真の娘さんは、くいいるよに洗浄の仕方をよくみています。熱心ですね。どんなに、外来がいそがしくても、この洗浄は医師自身がおこなって、患者さんと家族にしめすべきです。そこから、過去のTVM手術をしすぎたときにできた、患者さんの精神的なわるい思い出を、ひとつづつ取り除いていきます


第四ポイント  いざ手術へ

彼女の場合は、ドレーンをいれて洗浄をすることを、1週間しました。子宮の膿は十分にとれました。その後、通院して、定期的に陰部のケアをしました。
さらには、手術の直前には、医師の手で陰部洗浄をまいにちしました。
かって大量にあった膿は、どんどんきれいになり、手術が可能になりました。努力はするものです。



膀胱の下には、だまのようになったメッシュです。


(摘出したメッシュ)



直腸の下にもメッシュです。それが、上下でつながり、炎症をおこし、さらに、上下で癒着をおこしつつ、膀胱がまたおちてきました。その向こうに膿が沢山ありました。
メッシュのよぶんなものをとりだすと、ごらんのように、切除できます。
もっと、余分なメッシュはあったのでしょうが、これ以上はとれませんでした。
そして、そのご定期的に通院していただいています。














ページトップへ

インフォーメーション


骨盤臓器脱専門医療法人

Reference


お勧めイラストレータ
しんざきゆきさん
  • プチうつにさよなら
  • ◎ 運動でさよなら
  • ◎ 食事でさよなら
  • ◎ 睡眠でさよなら
  • ◎ 映画でさよなら

介護のイロハ
◎ 食事のこつ
◎ 排泄のこつ
◎ ベッドのこつ
◎ 車イスのこつ

ホームページ更新
◎ 薬の副作用
◎ 直腸瘤
◎ 便秘の薬
◎ 過活動膀胱と膀胱瘤
◎ 泌尿器科漢方総論
◎ 冷え性と漢方
◎ 膀胱膣ろう
◎ 過敏性腸症候群

大好評:心臓リハビリ
のんちゃんシリーズ


◎ 心臓リハビリ
◎ かかりつけ医
◎ AED

奥井識仁のテキスト
フリー・ダウンロード
◎ 排泄ケア2007
◎ 排泄ケア2009


クリニックのもう一つのテーマは、エコロジー。実は、これが一番カラダにやさしい。頻尿のなおるコツなのです。


  • ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院に飾られる像。人間は、赤ちゃん、少女時期、成人時期、老年時期。すべて違います。それぞれの特徴をとらえて、自分のカラダの使い方を覚えることが大切。


当院の試みは、2009年にThe Australian and New Zealand Journal of Obstetrics and Gynaecologyという学会雑誌に英語論文として評価されました。




この"今日の治療指針"は臨床医の教科書。この本の排泄ケア部門を担当しました。これまで看護だけと思われがちな『排泄ケア』分野を医師のとりくむべき学問にしたいという努力が認められ嬉しいです。


Dr奥井の骨盤底と全身の運動は、小中学生からスタートするのがのぞましい。なでしこJAPAN応援ブックにもDr奥井が載ってます。

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.