女性泌尿器科専門のクリニック

便失禁

第1章 便失禁とは?
第2章 便失禁の原因
第3章 排便
第4章 便秘と直腸瘤と便失禁
第5章 どのようにして便失禁の原因をみつけだすか?
第6章 治療
第7章 閉鎖性排便障害
第8章 肛門括約筋の補強
第9章 恥骨直腸筋と直腸肛門角
第10章 手術@ 肛門周囲の筋肉をもちいて肛門括約筋を補強する方法
第11章 手術A 筋肉移植による肛門機能再建方法
第12章  順行性洗腸と自分できる浣腸
第13章 介護のテクニック摘便 と 排便の基本 
 


第3章  排便

 

 

便失禁の原因を考えます。ここで、重要なのは、便失禁を肛門だけの問題にとらえないことです。そこで、まず、大腸が便を形造って、肛門まで運び、適切に排便するまでを考えてみましょう。ただ、ここで、重要なのは、肛門だけを考えていても答えがでないということ。全体のバランスが大切です。

 

1.適切な量と粘度の便が直腸に送られてくる。

2.直腸に溜まる。

3.便意が起こる。

4.トイレに入って排便できる体勢になるまで便を保持できる。

5.排便できる。

 

 

このためには、詳しく説明をすると、

@     括約筋が緩んで、肛門内圧が下がる、

A     直腸肛門角が鈍角になって、便が通りやすくなる

B     便が形状を変えて肛門を通過する

C     すべての便が出るまで継続する

 

 

では、最も健康な排便習慣を考えて見ましょう。

毎朝朝食後に一回必ず排便するというのが、若いころは、みなさんが望みます

加齢とともに、便秘がつよくなり、運動能力が低下すると、2日に1回とか、3日に1回とか、回数がへってきます。

 

さて、朝の排便の習慣的にある人は、

朝食事をすると、総蠕動と呼ばれる大腸全体の蠕動運動が起こります。

この運動で、直腸に溜まった便だけではなく、大腸の内容物が殆ど全部出ます

 

 












/////// 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 /

ページトップへ

病気のガイド

インフォーメーション

Reference


介護のイロハ
◎ 食事のこつ
◎ 排泄のこつ
◎ ベッドのこつ
◎ 車イスのこつ

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.