女性泌尿器科専門のクリニック

便失禁

第1章 便失禁とは?
第2章 便失禁の原因
第3章 排便
第4章 便秘と直腸瘤と便失禁
第5章 どのようにして便失禁の原因をみつけだすか?
第6章 治療
第7章 閉鎖性排便障害
第8章 肛門括約筋の補強
第9章 恥骨直腸筋と直腸肛門角
第10章 手術@ 肛門周囲の筋肉をもちいて肛門括約筋を補強する方法
第11章 手術A 筋肉移植による肛門機能再建方法
第12章  順行性洗腸と自分できる浣腸
第13章 介護のテクニック摘便 と 排便の基本 
 


第4章 便秘と直腸瘤と便失禁

 

便失禁と便秘。これは、双子のようなものです。便失禁は、便が不適切な時に出るのが問題ですが、

便秘は、適切な時に便が出てきてくれなくて困る問題。排便全体から考えると、実に、共通点がおおいのです。

 

直腸瘤が原因の便失禁もあります。

たとえば、直腸瘤を例にあげます。直腸瘤は、性器脱のひとつで、直腸が膣の方へ落ちてしまうこと。直腸脱とか、経膣直腸脱という言い方もあります。詳しくは → をみてください。


これは、小腸と直腸の2つが伸びておちたことを意味します


これは、直腸のみがおちていることを意味します

 

 

この直腸が膣からおちてくると、その部分に便がひっかかります。便は、しっかり出せないのです。

しかし、この便は、直腸に戻りますので、便意をおこします。大変やっかいですが、その便意を感じてトイレへいっても、まだ直腸がおちるだけで、便がでません。やがて、少し肛門が緩くなることもあります。

そうすると、容易に便失禁の症状をだします。つまり、直腸瘤で便秘の症状になり、その便秘がますます直腸瘤を悪化させ、そして、肛門のゆるみもでると、便失禁になる。ということです。
















/////// 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 /

ページトップへ

病気のガイド

インフォーメーション

Reference


介護のイロハ
◎ 食事のこつ
◎ 排泄のこつ
◎ ベッドのこつ
◎ 車イスのこつ

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.