高齢者のお風呂

安全で安心な入浴を考えよう

ポイント 高齢者のトラブルの中で、家庭内の溺水はおおいのです。

日本のおもな死因は悪性腫瘍や脳血管障害ですが、これに続き不慮の事故というのがかなり多いのです。その中でも、家庭内での溺死は、大変増加しています。
重要なことは、介護が必要な高齢者より献上な高齢者の方が注意が必要ということです。介護の人様な人は一人では入浴しませんが、健常な人は一人で入浴します。事故の80%は、健常な高齢者がひとりで入浴しているケースです。心配ですね。そこで、いろいろなアイデアを考えていきましょう。


ポイント 入浴が体にどんな影響があるかを勉強しよう

入浴したときに体には変化がありますが、このとき覚えておいてほしいポイントが3つあります。
1)水中では心臓の負担が増加すること
2)高い温度のお風呂は、血圧の変動をまねくこと
3)意外と危ないのが脱衣所

まず、静止した水中では、大気圧と深さに比例して水圧(静水圧)がはたらきます。足などの下肢は、水中の深いところにあるわけですよね。足の中には、静脈がいっぱいあってこれが、第二の心臓といわれています。普通にたちあがると、足の静脈がひきしまり心臓に血液をもどしますし、寝ると足の静脈が開いて血液を沢山足にためて心臓の負担をとります。この作用を、下肢ポンプ作用といいます。これが、お風呂の中では、下肢が水中の深いところにあるので、多くの静脈血が心臓にもどってきます。すると心臓は、沢山の血液のために、心拍出量が増加して、心臓の負担になるのです。
ほかにも、静水圧によって、全身浴では胸囲1から3cm、福井3から5cm縮小します。胸郭が圧迫され、腹囲が縮小した結果、横隔膜が挙上します。そのため、心臓は、肺への血液がおさえられるので、負担が増加するのです。半身浴ならこのようなことはありません。

高い温度のお風呂では、交感神経が刺激されます。温度により神経にどんな刺激があるか表にしてみます。

温度 神経への刺激
不感温度浴 34から37度 少ない
微温浴 37から38度 副交感神経が刺激をうけるので、大変リラックスした状態になる。
温浴 39から41度 一般的なお風呂の温度
高温浴 42度以上 交感神経が刺激されるので、心拍数があがり、胃液はでなくなり、血圧があがる

長い時間、熱い風呂にはいると、発刊による血液量の減少や、血液凝固亢進(血がどろどろになるといえば、イマージつきますね)がおこるので、脳梗塞をおこしやすくなります。

脱衣所の寒さも大切です。温度があがった体が急にひえることは、急に血圧がさがり転倒しやすくなります。転倒したりしないように、バリアフリーをよくかんがえることです。


     ↑ お風呂は、ぬるめのお湯で、ゆっくり入るのがベストです


    ↑ つうろには滑りにくい床材を用意。とくに段差のあるところは注意します。



↑ 浴槽を買い替えることができる場合は、和様折衷式浴槽にします。安定して入れるサイズは上記のおおきさと考えられています。

ポイント 入浴中の事故をおぼえておこう

油断できないのが、入浴中の急死です。気温、室温、湯温などの温度や水圧の影響をかんがえましょう。





ポイント 水分補給を行い、たっぷりの休憩を考えてみましょう

入浴後は、血圧がさがし、汗をかくため、しばらく休憩をとって水分をとりましょう。皮膚は、乾燥がつよくなるので、クリームを塗って保護を



ページトップへ

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.