自費診療 (萎縮性膣炎)




(イラスト:ゲッティングイメージ


膣が萎縮するとさまざまな症状でなやみます。
膀胱がおちていないのに、膀胱瘤ではないかとおもったり、頻尿であったり、ほんとうに数えきれない悩みです

これは、萎縮性膣炎といって、れっきとした病気です。保険適応でなおすことができますが、完全ではありません。保険の診療では、女性ホルモンの補充をおこなったり、漢方薬をつかったり、運動を促したりします。

いままでは、ここまででしたが、当院では、レーザーによる治療を行うことができるようになりました。
レーザーを膣全体に照射することで、膣の組織がうるおいをもちいます。
このことで、不快感をなおそうとするのです

保険の場合は、乳がんの人にはつかえないという欠点もあります。
そこへいくとレーザーは、使えない人はいません。



レーザーの理論は、この写真のように、しわをなくすことができる技術です


さらに、レーザーを用いながら、女性ホルモンを少量投与するという方法もあります。
この少量投与は、女性ホルモンの量を大変すくなく用います。
この少量投与は、保険適応がありませんが、あわせることで、効果がでやすくなります。


このレーザー照射により、粘膜にあたらしい細胞がうまれてきます
これが、膣を引き締めることになります

(従来のレーザーの場合)


インティマレーザーの場合は、さらに強力にレーザーがとどきます。



これは、膣の細胞の増殖につよい刺激になるわけです。



このインティマレーザーは、膣のすみずみまで照射することができます



では、萎縮性膣炎の自費のレーザーによる治療で、レーザー治療と、保険治療について表にまとめてみます。あくまで、当院の出した見解です。


 治療方法   レーザー治療 (Vタイトニング) 保険治療 (女性ホルモン補充)
 基本的な理論  YAGレーザーにより膣全体および尿道の周囲の組織が活性化して、コラーゲンなどが増える。このことで、筋肉がしっかりと尿道をささえて、腹圧性尿失禁がおきないようにする。  女性ホルモンを、張り薬や飲み薬をつかうことで、ゆっくりと体に補充する。
(当院では、張り薬を推奨しています)
 効果 膣のゆるみが改善 膣のゆるみが少し改善。全身に影響
 良い点  傷口がない。時間をまてば、もとにもどることが可能である。  保険適応であるので安価
 欠点  2から3年経過すると、また筋肉が弱ってくるので、もう一度レーザーを当てる必要がある  乳がんの経験のあるひとにはつかえない。副作用がある
 費用  自費手術である。





当院では、高齢者が多いので、65歳以上は割引します

1回あたり、10万円+税
 照射時間は、米国の標準よりも長くたっぷりです。
 当院で過去に手術を受けた人は、優先予約します


 投薬代と診察台のみ。
 安静にする期間  およそ3日間  なし
 年齢の制限  高齢者および子宮摘出手術後の若年の方 高齢者のみ




(追加)自費でのVタイトニングでは、自費の女性ホルモン軟膏をもちいて、治療をすすめる方法があります。自費女性ホルモンは、きわめて薄い量の女性ホルモンで、副作用がほとんどありません。



レーザーの照射道具は4種類



レーザーの照射道具は4種類用意しております




膀胱から尿道までを照射するハンドピースです
腹圧性尿失禁の場合は、尿道と膀胱の付け根を重点的にします
膀胱全体の場合は、膣前壁を全体的にします





膣全体を照射するハンドピースです
骨盤臓器脱とくに子宮下垂の下垂感がでてきているひと
膣弛緩とくに下垂感がでている人につかいます




腹圧性尿失禁の場合に、尿道周囲に弱い場所がありますので、その部分を重点的に行います




尿道の中から挿入して、尿道と膀胱の境界にある尿道括約筋に直接照射します



そのほかに、肛門から直接照射する方法もあり、それは便のトラブルに対しておこないます


どのハンドピースをどのように使うかは
病状できめます。
医師に判断をさせてください
診察して、弱いところを、重点的に照射します



当院の学会発表





当院は、いままで、保険診療のみで活動をしてきました。
このため、腹圧性尿失禁手術であるTVT,TOTのデータがあります
このデータとレーザー光線治療のデータを比較したものです

グラフ一番上のYAGというのがレーザー光線治療
次が、TVT、一番下がTOTです

どらも、尿失禁がかなり減少することがわかります。
それぞれのメリットとリスクを表にしてみます

 手術方法  保険・自費  良い点  悪い点
 レーザー光線治療  自費 混合性尿失禁であっても治療効果が期待できる
術後の治療困難な副作用がない
2から4年すると元にもどるので、次に新しい技術の治療をうけることができる
 短い人で2年、ながく持たせれば4年でもとに戻る。
 TVT挿入手術  保険  永久的に固定できる  軽微な尿失禁には技術的に手術できない
混合性尿失禁の場合に悪化する
永久的な感染症が起きるリスクがある
妊娠希望の人にはできない
永久固定なので、痛みや感染があっても、摘出手術することができない
異物挿入なので、多くの国で注意勧告がでている
 TOT挿入手術  保険  永久的に固定できる  軽微な尿失禁には技術的に手術できない
(TVTよりは、軽微な人に対応)
混合性尿失禁の場合に悪化する
永久的な感染症が起きるリスクがある
妊娠希望の人にはできない
永久固定なので、痛みや感染があっても、摘出手術することができない
異物挿入なので、多くの国で注意勧告がでている



フォトナ社によるイメージビデオ



このユーチューブは、レーザー機器の製造会社フォトナ社によるものです。





レーザーにより膣全体に照射することで、膣がひきしまる





このレーザーは組織の活性化を促すために、美容皮膚科で用いられる安全性の高いものである






インティマ・レーザー治療器 フォトナ・スムースの紹介






このレーザー機器は、YAGレーザーというもので、ほかの分野の手術に用いられています。
レーザーの波長を自由にコントロールすることができるため、病状にあわせた設定が可能です。



萎縮性膣炎のレーザーの適応は、さまざまなタイプに使えます
フォトナ社のデータからは、萎縮された組織が改善したことがわかります


(左:萎縮して血流のわるい組織)       (右:レーザーにより新陳代謝が取り戻せた組織)


また萎縮性膣炎は、尿失禁を併発することが数多く存在します。
そこで、尿失禁についてのまとめです
 尿失禁のタイプ  腹圧性尿失禁(軽度と中程度)  腹圧性尿失禁(重度)  混合性尿失禁
 症状  咳やくしゃみで尿がもれる。漏れる量は、1回で30gのパッドぐらい。たとえば、1日あたり3から4枚程度まで  咳、くしゃみどころか、歩く・階段をのぼる程度でも尿がもれる。100gのパッドにもれる  咳・くしゃみの時に尿がもれる腹圧性尿失禁。これに加えて、冷えたり、水仕事をすると、急に尿意を感じて尿がもれる切迫性尿失禁もある。
 保険適応の治療方法  軽度の場合は、骨盤底筋体操
中等度は、TOTテープ挿入手術
 TOTテープ挿入、または、TVTテープ挿入  過活動膀胱の薬
(TOTテープのような人工テープで尿道を補強すると、かえって切迫性尿失禁が悪化することあり)
 レーザーによる治療  レーザーによる治療がよい適応になる。  レーザーによる治療よりも、TOTテープ挿入をすすめる  TOTテープを挿入できないので、レーザーによる治療の適応になる


フォトナ社による研究報告:臨床結果

臨床試験(ライブラリ]タブを参照)からの科学的な結果は、軽度および中程度の腹圧性尿失禁のための優れた改善を示します。

  • 患者の約70%が120日後に尿失禁が改善しています。
  • 120日にて、全患者の68%は、尿失禁の症状が改善したとしています。
  • すべての尿失禁のアンケートにより改善が認めらました
  • 有害事象(後遺症)は、研究のいずれにおいても確認しませんでした。

麻酔スプレーにより痛みはちょぴっとだけです






ページトップへ

TestSite.com MENU