高齢者虐待防止 2006から

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(2006.4施行)
ちゃんと覚えておいてやくだてましょう。排泄ケアの分野では、安易におむつだけですべて終わろうとすると、本人に負担をかけていることがあるのです。


自分の人生を自分で選択し、意思を尊重されること、これは、介護の必要の有無に関わらず誰にもたいせつなことです。そこで、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題と考えられて、法律化されたのが2006年です。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。



「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)、暴言、無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)、性的ないやがらせなど(性的虐待)があります。「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りらず、虐待の自覚がないこともあるのです。










追加ポイント!
家族や親族などがちょっとしたこと、ささいなことと思っていても、積み重なると、高齢者に大きな影響も。また、ケアの方法が分からないために不適切な対応となって、高齢者のためになると思ってしていることが虐待につながることもあります。排泄ケアなどは、その分野といえます。




どうしてこんなことになってしまったんだろう?
一緒に考えてみましょう



介護疲れは ないですか?





理解が不十分 な場合も

DVが継続していないか?よく確認してあげたい。

下剤ののみすぎは、実は腹痛になります。
便秘⇒下剤の多用⇒腹痛がおこるだけ⇒まだ便秘⇒下剤の追加
こんな悪循環はありませんか?






チェックリスト



ページトップへ

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.