ウロとは、ウロロジー(泌尿器科)のこと、
ギネとは、ギネコロジー(婦人科)のこと
そして、私たちは、
いままでの概念で見過ごしてきた
医学の谷間へ挑戦していきます。

患者さんの義務

  • ●健康状態に関する情報を正確に提供して下さい。
    ●当院の規則を遵守して下さい。
    ●迷惑行為を慎んで下さい。
    責務を守って頂けない場合は、当院で医療提供を受けられないこともあります。
  • 医療法人ウロ‐ギネ・ネットでは、排尿日誌が最大のツールです

  • 排尿日誌とは、24時間の排尿の状態を把握するために、自身の排尿量と飲水量を記録したものです。受診にさいして、3回だけでも実施してくだされば、排尿がどうなっているかわかります。

  • まず、名古屋大学のホームページからその解説を引用しましょう
  • 1.  排尿障害の評価では、まず実際の排尿状態をよく把握することが重要である。
      排尿日誌では、排尿の時刻と排尿量を記録し、さらに尿失禁の有無、また失禁の状況、失禁量などを記録することにより、一回排尿量、排尿回数、一日尿量(昼間排尿量、夜間尿量)、失禁回数などの実際の状況が把握できる。正確に記録された排尿日誌からのみでも、排尿障害の状態、原因が推定でき、排尿パターンを把握することが可能で、対処法、治療法、介護計画の作成などに有用な情報が得られる。

    2.  排尿記録は昼間(朝起きてから寝るまで)と夜間(夜寝てから朝起きるまで)にわけて記録し、可能であれば3日間程度行うことが望ましいが、難しいときは1日でもよい。

    3.  自分で調査記録できる例では自分で行うが、自分でできない場合は、介護者が行う。

    4.  排尿量は目盛付きの計量紙コップ、あるいは採尿器により行う。尿失禁量はぬれたおむつの場合はおむつの重量をはかり、乾いたおむつ重量を差し引いて計算するが、おおまかに少量、中等量、多量など、あるいは下着が湿る程度、下着が濡れる程度、着衣まで濡れる程度、布団まで濡れる程度など、適当な分け方で書いてもよい。

    5.  おむつをしていて、自分で排尿を知らせることをできない例では(痴呆など)、排尿日誌をつける間は、1時間毎におむつの濡れ具合をチェックして、排尿時刻を記録する。

    6.  排尿記録は、排尿障害について専門医を受診する際、極めて参考となるので、保管して、専門医受診時には持参する。




(講談社 介護がラクになるマンガ 作;奥井識仁 絵;もたいみゆき)




  • 夜間多尿の人では、血圧日誌も大切です

  • 夜間に何度もトイレにいく夜間多尿の人では、血圧のことも重要です。そこで、血圧日誌をお願いするケースがあります。それは、昼間に腎臓の血管の血流が不十分で、夜間にのみ腎臓の血管の血圧があがるために、夜間だけ尿を体がつくる人がいるからです。おどろきですが、血圧のコントロールを、いろんな方法でつけていくと、夜間多尿は改善します。
  • それでは、札幌厚生病院が大変整理して血圧日誌を解説していますので、引用します。


  • ●家庭血圧計は役に立つ?

    家庭血圧計は最近は精度もよくなり、利用価値が高まりました。高血圧の臨床研究でも家庭血圧計の有用性が証明され、日本高血圧学会でも2003年に家庭血圧測定に関するガイドラインを公表しています。

    1ヶ月に1度の外来血圧だけの情報で高血圧の治療をするよりも、毎日記録された家庭血圧の膨大な情報と外来血圧を比較して、きめ細かく血圧のコントロールをする事ができます。

    また降圧薬治療の不要な白衣高血圧の診断や、外来血圧が正常でも油断できない仮面高血圧や早朝高血圧、また降圧薬による血圧の下がり過ぎなどの血圧の日内変動の診断には家庭血圧測定は欠かせません。

    環境や生活習慣(家庭、病院、過労やストレス、季節や気候、塩分やアルコールのとりすぎ、睡眠不足、運動不足など)の血圧に与える影響を詳しく知る事もできます。「おのれの敵を知れば危うからず」というのがサイレントキラーである高血圧にたいする一番の対策ではないでしょうか。

    更に当科では高血圧がコントロールされ、家庭血圧による自己管理が充分に出来ている方の外来受診間隔を数ヶ月単位とし、時間的、経済的な自己負担の軽減も図っています。

    ●家庭血圧計の選び方

    いろいろな種類の家庭血圧計が売られていますが、上腕ではかるタイプをお求め下さい。上腕血圧は外来血圧と同じ部位であり最も信頼できます。

    手首や指で計るタイプは誤差が多くすすめられません。血圧の値が見やすく、操作が簡単なものがいいでしょう。当科ではお勧めの機種オムロンデジタル自動血圧計 HEM-712C(メーカー希望小売価格 税別\9,000) を当院1階の売店に割引して販売していますのでご利用ください(消費税込みで7,700円弱です)。ほかでお求めになるかたのためにカタログもご用意しています。

    また当科では患者さんに家庭血圧計のチェック、正しい測り方の指導、血圧日記の提供、家庭血圧計の貸し出し等の無料サービスを提供していますのでご利用ください。

    家庭血圧計の測り方

    1〜2分くらい安静後に座位で測ります。上腕(肘関節より上)にカフを巻きます。巻く強さは指が2本くらい入る強さにしてください。強く巻きすぎると高めに出ることが多いようです。また測る腕の高さが心臓の高さ(乳頭の位置)になるようにして下さい。腕は伸ばした状態で前腕を机やテーブルの上に置いて測定しましょう。

    加圧値のダイアルがある場合、ふだんの最大血圧値に約40を加えた値をセットします。たとえばふだん最大血圧150くらいの人はダイアルを200にセットしてください。わからない場合はまず200にセットして下さい。

    最高血圧が1回目の測定より、2回目が20以上も低くなる人は2回目を記載してください。そうでなければ1回の測定で十分です。

    血圧は朝晩2回測りましょう。朝は起床後1時間以内、排尿後、座位1〜2分間の安静後、服薬前、朝食前に測りましょう。また晩の家庭血圧は就寝前、座位1〜2分間の安静後に測りましょう。入浴後、お手洗いの後、運動直後、食直後、飲酒後などは安静時血圧ではありません。

    また血圧の薬をのんでいる場合は時々内服2〜3時間後測定すると薬の効き具合をチェックできます。更に体の具合の悪い時の血圧もチェックしておくとよいでしょう。

    測定の頻度は1週間に5日間以上が望ましいのですが、長期に正常血圧が持続するようなら1週間に3日間でも充分です。

    ●血圧日記のつけ方

    血圧は測りっぱなしではいけません。血圧日記に記録することでどのような状態で血圧が上下するかの理解も深まりますし、血圧日記を通じて主治医とのコミュニケーションも深まります。

    5月10日の記載@ 5月10日の記載A 5月11日以降の記載
    朝方は血圧170ー95で欄の左寄りに最高血圧と最低血圧のところにそれぞれx印をつけます。夜は血圧150ー80で同じ欄の最も右寄りにx印をつけます。 5月10日の最高血圧どうしのx印を結びます。次に最低血圧どうしのx印を結びます。 以降も同様に書きます。測る時間で、朝は左寄り、昼は真ん中、夕は右寄り、夜は更に右寄りにします。
  • 血圧の数字はxの付近に書き込んでも書き込まなくてもかまいません。印はxでも○でもかまいません。脈拍、体重、服薬についても下の欄に書きます。また血圧変動に伴なう環境の変化すなわちストレス、塩分のとりすぎ等をメモしておくと診療に大変役立ちます。

     

  • 血圧の測り方

血圧のしくみと測り方 血圧の正しい測り方
人間の血圧は、常に一定なわけではありません。時間や環境によって変動していくものです。そのため、血圧の測定は、きちんとした手順や環境を整えて、定期的に測定する必要があります。

血圧は、時間や環境によって変化します
血圧は1日を通じて一定ではありません。運動しているときやその直後、入浴中、仕事中など、状況によって数値は変動します。血圧管理の第1歩は、正しい血圧測定から始まります。


血圧を正確に計るためには、以下のポイントに注意してください。

1. 体の力を抜いてリラックスする。トイレを我慢しているときや、出かける直前のあわただしい時間などには血圧は上昇してしまいます。また、測定前1時間位の間には、食事・入浴・運動は避けてください。

2. 座って測定する血圧は、「心臓の高さにある上腕の血圧を座って計測した値」が基準です。必ず座って測定しましょう。

3. 毎日同じ時間に測る血圧は、時間によって変動するため、同じ時間に測らないと、日々の変化がつかめません。

4. 信頼できる血圧計を選択する上腕部にカフを巻くタイプのものがおすすめです。手首や指先で測る血圧計では正確な測定ができないことがあります。


1. 上腕動脈を探します机の上にタオルを用意し、上腕部が心臓と同じ高さになるように、タオルで高さを調節します。反対側の手で、ひじのあたりを触りながら、脈を打っている部分(上腕動脈)を探します。

2. カフの中心を探します腕に巻くカフには、長方形のゴムの袋が入っています。このゴム袋の中心が、上腕動脈上にくるようにします。

3. カフをひじから指1本分上に巻きますカフは、空気を完全に抜いて、カフの下端が、ひじの中心から指1本分上に来るように巻きます。指が1本はいるくらいのきつさで巻きます。

4. 血圧計のスイッチを押して測定します血圧は、イスに座って測定した数値が基準になります。測る際には、背筋を伸ばし、カフと心臓を同じ高さにし、腕には力を入れないように注意してください。




ページトップへ