女性泌尿器科専門のクリニック

骨盤臓器脱(性器脱)
第1章 骨盤臓器脱(性器脱)と骨盤底
第2章 いろいろな骨盤臓器脱(性器脱)
第3章 膀胱瘤(膀胱脱)
第4章 直腸瘤(直腸脱)
第5章 子宮摘出後の膣全脱
第6章 骨盤底筋体操

第7章 80歳以上の骨盤臓器脱手術(日帰り手術)

3.    いろいろな性器脱 その2

前頁で膀胱が落ちた場合の膀胱瘤を説明しました。では
次は、子宮や直腸の場合です。
まずは、正常の位置関係をもういちどみてください。

                  
まんが:奥井識仁&もたいみゆき(講談社)



直腸脱では、便秘や排便困難が出現しやすく、便秘になるのが怖いという患者さんによく出会います。また、膀胱瘤とおなじく、股間にピンポン玉を挟んでいるような不快感があるといいます。排便時に膣内に指を入れ、脱出している直腸を押して、ようやく排便できるという人もいます。


まんが:奥井識仁&もたいみゆき(講談社)

次に、子宮脱では、陰部に何か固めの物があるような不快感が特徴です。膀胱瘤があった人が、子宮もおちてくると、最初がやわらかいものが落ちていて、やがて、かたいものも落ちてきたと感じます。陰部が引っ張られているような、重苦しいといった不快感がある場合もあります。子宮脱が高度になれば、子宮が膣内から飛び出すようになります。こうなると、自分の手で膣口に何かを触れたり、また粘膜がただれ炎症を起こし、出血することもあります。



さて、その他に性器脱の症状としては、夕方になるほど調子がわるくなるとか、寝ているときは大丈夫だけど立つとだめとかあります。

4.    診断

受診されると性器脱の程度を確認します。よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニックでは、かならず奥井医師が直接確認をします。どうぞご協力をおねがいします。
また、このとき、
1) 台にのって性器脱の状態を確認・尿道や肛門の括約筋の状態を確認
2) ファイバースコープで、膀胱の中、子宮の中、直腸の中を確認
は、かならずといっていいほどおこないます
もちろん、女性泌尿器科専門でずっと続けてきているので、
やさしく、痛みがないように、おこないます。こちらもご協力おねがいします。











/////// 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 /15

ページトップへ

病気のガイド

インフォーメーション

Reference


介護のイロハ
◎ 食事のこつ
◎ 排泄のこつ
◎ ベッドのこつ
◎ 車イスのこつ

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.