女性泌尿器科専門のクリニック

骨盤臓器脱(性器脱)
第1章 性器脱と骨盤底
第2章 いろいろな性器脱
第3章 膀胱瘤(膀胱脱)
第4章 直腸瘤(直腸脱)
第5章 子宮摘出後の膣全脱
第6章 骨盤底筋体操

第7章 80歳以上の骨盤臓器脱手術(日帰り手術)


奥井まちこ(おくいまちこ)医師から病気の解説

第 4 章.    直腸瘤(第2話)

では、次ぎは、まちこ先生から直腸瘤の方の説明をしましょう。


ずっと、便秘でなやんでいた女性(かりんとうさん)のことです。
彼女は、ある日、すごい便秘のあとから、股間にピンポン玉のようなものを感じるようになり、大変心配していました。

引きこもりになりそうなぐらいに、ピンポン玉の不快感が継続します。

50歳のときの彼女は、正常の位置関係に骨盤内臓器があります。
しかし、


70歳になった彼女には、直腸をささえる周りの組織が弛緩してしまい、直腸がおちてくる病気 = 直腸瘤 が、発生したのです。

そのために、ピンポン玉の違和感が生じてしまったとおもわれます。

このような場合は、
1)手術
2)排泄のコツ
3)便秘薬上手な使い方で、

対処していくのが一番よいとおもいます。
手術については、ずいぶんいろいろ書いてきましたので、では、
2と3について、次ぎに解説しましょう。











/////// 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 /15








ページトップへ

病気のガイド

Reference


介護のイロハ
◎ 食事のこつ
◎ 排泄のこつ
◎ ベッドのこつ
◎ 車イスのこつ

TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.